墓石という文化

Just another WordPress site


Page: 墓石をについて思うこと

先祖の墓石の前でいつも思うのは、どうしたら綺麗な状態を保つことができるのかということです。
墓石にはクリアーコーティングがされていて比較的汚れが落ちやすくなっているのですが、月に1度お参りをして洗うと外にあるのでどうしても汚れています。
何年か経つと落ちない汚れなども出てきて入り隅などはどうしても黒くなっています。
墓石の形は普通でごくシンプルな形なのですが前にある花立てとお線香の置くところが入り組んでいるのでその場所の汚れを落とすのが大変です。
ブラシも何段階かに分けてしないといけないですし、ヘッドの小さなブラシで磨いてあげないとなかなか入り組んだところの汚れに届かずその汚れが簡単に落とせる方法はないかといつもお墓に行く前にあれこれ考えていろんな物をホームセンターで墓石専用のクリーナーや知り合いに聞いて勧められたものをすべて買い揃えて行っています。
他にも花立てが毎回汚れや水あかがひどいのでそれがサッと綺麗になるような物がないかと調べています。
ステンレスのものが最近あるので父方の方で使っているのですが、真夏の水がお湯のようになっているので季節によって使う花立てを変える必要があるのではないかという話しをすることもあります。
知り合いの墓石屋さんに聞くところ花はいずれ枯れるので長持ちさせたいという理由で何か探すのなら毎日お参りすることだと言われてしまいました。
他にも墓石の洗い方を教えてもらい、あまり磨き過ぎるとクリアーコーティングがはがれてしまうようで軽くこするのがいいようです。
ほかにもいろいろと教えてもらったのですが、素人の私が墓石を綺麗にするにはこれ以上限界なのかと思うこともあります。
まわりのぼせきを見ているとちゃんとしたプロに掃除を頼んでいるのかいつも綺麗な感じで羨ましく思います。
お墓参りに行って墓石が綺麗となんとなくシャンとした気持ちになりますが、汚れがあるとなんとなく気持ちも沈んでしまいます。
特に父方の先祖の墓石は古いのでその汚れを落とすのに何度かプロの方に掃除をしてもらったり、石を磨きなおしてもらったりしています。
母方の先祖の墓石はまだそれに比べて新しいほうなのでとても綺麗な状態を保っています。
どちらの墓石も綺麗にするためにいろんな工夫を家族でしているのですが、毎日のように行けないので、お参りに行くとできるだけ時間をかけて丁寧に墓石を洗うようにして、また次に行く時も気持ちよくお参りできるようにいつも心掛けています。

都内主要沿線ごとに霊園をお探しすることが可能です。被災地墓石義援金キャンペーンを実施しております。当社では各種ポイントサービスもご利用いただけるカード決済を取り入れました。是非ご活用下さい。当サイトは、条件別に霊園を選べるようになっております。墓石に関する相談もお気軽に当サイトへ。バリアフリー霊園から富士山を眺望できる霊園まで、幅広いニーズにお応えできる公園墓地をご紹介致します。

Comments are closed.